ミニョン☆の備忘録

みなさんのブログ運営の記事などを参考にさせていただいています! 美容系やドラマの話など書いています。初心者ですが、よろしくお願いします♪

岸見一郎さんのアドラー心理学について(私は、子育ての話が好きです。)

Amazon CAPTCHA

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle Amazonで購入
「私は、過去にまったくの畑違いの職場に異動となり、これまで築いたキャリアもご破産、周囲の目も厳しく、応援も得られず孤立したので、やがて心身ともに悲鳴を上げ、2回の休職を繰り返してしまいました。それは辛い日々でした。」

そんな私に、これは衝撃の一冊となりました。
さっきの「 」の文章は、本書を読めば、このように書き直さなくてはなりません。

「私は、新しい職場で『役立たず』と人から評価され傷つくことを過度に恐れ、それを回避するため休みました。心身ともに悲鳴を上げたのは、それにより休むことができるからです。辛いですが、休めば傷つかなくて済みます。そして、休むという目的のため、『畑違いの職場への異動』『キャリアがご破産』『周囲の目が厳しい』『応援も得られず孤立』という一連の理由を、後から後から探しました。」

これは衝撃ですよ。衝撃と言わずして何という。

筆者もいうように、この考え方は劇薬です。最初は厳しいです。
でも、読んでいくうちに、「こう考えないと、私自身が行き詰まってしまうなあ」と思うようになりました、

今後、心身ともに悲鳴をあげないためには、どうしたらよいのか。
本書では、克服の部分まで力強く提示してくれます。夢中になって読みました。

【嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え】

 の本の感想(カスタマーレビュー)です。

 アドラー心理学が好きなので、いろんな人の感想を読んで、参考

 にしています。

 

 ただ本当に落ち込んだ時に読むと、どうなんでしょう?

 余計落ち込むという意見もあります。

 私見ですが、悩みがあっても、少し余裕がある時に読む方がいいかと思います。

 元々本を読むのが苦手な方なので、最悪の状況で本を手に取れるかは わかり

 ません。

   * * *

アドラー心理学について書かれているブログの引用をさせていただきます。

いつもお世話になっている方です。

文章力があって、いつも上手く表現されるなって思うブロガーの一人です。

Kitarou GmbHさん

www.mein-pompan.com